人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

システム設定の設定方法 ver.3.3.0~

目次

  1. システム設定とは
  2. サイト設定
    1. サイト設定の詳細
      1. システム情報
      2. 基本設定
      3. 掲載設定
      4. 画像設定
      5. コンテンツ設定
  3. 求人設定
    1. 求人設定の詳細
  4. 応募設定
    1. 応募設定の詳細
      1. 最終学歴(課程)の選択肢
      2. 経験業種の選択肢
      3. 就業状態の選択肢
      4. 経験職種の選択肢
      5. 希望勤務時期の選択肢
      6. フリー項目名
      7. 求人応募時のメール送信設定
      8. 対象リスト出力テンプレート
  5. メール設定
    1. メール署名設定
  6. 連携設定
    1. Googleしごと検索設定

リリース情報

  • ver.3.3.0(2019年6月19日リリース)以降の製品をご利用のお客様はこちらのマニュアルをご参照ください。
  • ver.3.4.0(2019年9月2日リリース)以降の製品は、「Googleしごと検索」対応として、「連携設定」が追加になりました。

システム設定とは

「サーチプラスfor求人」のシステム設定を行います。
ベーシック版のシステム設定は、「サイト設定」「求人設定」「応募設定」「メール設定」「連携設定」があります。

【システム設定(ベーシック)】システム設定全体

サイト設定

管理者画面:システム設定 > サイト設定

システム設定の「サイト設定」から、サイト全体に関する設定を行います。

【システム設定(ベーシック)】システム設定「サイト設定」
図2-1:サイト設定画面

サイト設定の詳細

サイト設定は以下内容に沿って設定していきます。

1.システム情報

【システム設定(ベーシック)】サイト設定1

製品ライセンス
購入した製品のライセンス情報が確認できます。

製品バージョン
購入した製品のバージョン情報が確認できます。

2.基本設定

【システム設定(ベーシック)】サイト設定2

メールアドレス
管理者が使用するメールアドレスを設定します。
※メールテンプレートのテンプレート名に【管理者】と設定のあるテンプレートが使用されます。

設置先URL
システム本体を設置した場所のURLを記述します。
設置先URLの末尾には、必ず「/(スラッシュ)」を付与してください。
参考記事
https://manual.leafworks.jp/article/20050

Google Maps API Key
使用するドメイン用に取得した「Google Maps API Key」を記述します。 Googleマップを使用する場合は、必ず設定が必須となります。

参考記事
https://manual.leafworks.jp/article/20051

3.掲載設定

【システム設定(ベーシック)】サイト設定3

更新日が未来の求人
求人を登録する際の「更新日」が未来の日付に設定されている場合、「掲載しない」を設定すると、未来の日付になるまで対象求人は表示されません。 「掲載する」に設定すると、更新日が未来の日付でも対象求人は表示されます。

求人期限を過ぎた求人
求人を登録する際の「求人期限」に設定されている日付が過ぎた場合、「自動取り下げ」を設定した場合、自動的に求人は非表示となります。 「掲載を続ける」に設定すると、求人期限の日付を過ぎても求人は表示されます。

4.画像設定

【システム設定(ベーシック)】サイト設定4

画像が無い場合の代替えURL(パス)
画像が登録されていない場合、代わりに表示する画像を設定します。

求人画像の自動整理
設定すると、求人ごとに割り振られる「システムID」名のフォルダが作成され、登録した画像が割り振られます(整理されます)。
※CSVで求人を登録する際も、画像が整理されます。

(例)ファイルパス
/file/item/システムID/ファイル名
file > item」フォルダ内にシステムID名のフォルダが作成され、登録した画像が各々割り振られます。
「整理しない」に設定すると、一時保管フォルダ「tmp」に全ての登録画像が格納されます。
※CSVで求人を登録した場合は、任意で用意したフォルダ内の画像は保持され移動(整理)されません。

(例)ファイルパス
/file/tmp/ファイル名
file > tmp」フォルダは一時保管フォルダです。すべてのファイルが格納されます。

Attention

一旦「整理する」で登録した画像を、「整理しない」に切り替えて編集を行うと、編集した画像のみが「file > tmp」フォルダ内に移動します。

求人画像の自動削除
求人を削除した際、「削除する」に設定されている場合、関連している画像(その求人に登録されている画像)は全て削除されます。

Attention

他の求人で同じ画像を併用している場合、画像が非表示となりますので、求人を削除する際は注意が必要です。

5.コンテンツ設定

【システム設定(ベーシック)】サイト設定5

インデックスコンテンツ設定
デフォルト設定は「差し替え方式」です。

※「無効」に設定してトップページ(インデックス)にアクセスすると、システムのログイン画面へのアクセスとなりますので、設定は推奨していません。

差し替え方式
すでにトップページデータとして存在している「index.php」ファイルがある場合、「index.php」にアクセスすると「インデックスコンテンツID」で設定したページのWeb側の見た目に差し替えて表示します。

【システム設定(ベーシック)】差し替え方式概要
ページURL:https://www.○○○○.com/job/index.php

アクセスしているファイルは「index.php」だが、表示されているWebサイトのデザインデータは「data.php?c=index」の情報が表示されます。

リダイレクト方式
すでにトップページデータとして存在している「index.php」ファイルがある場合、「index.php」にアクセスすると「インデックスコンテンツID」で設定したファイルにリダイレクトして読み込み、Web側に表示されます。

【システム設定(ベーシック)】リダイレクト方式の概要
ページURL:https;//www.○○○○.com/job/data.php?c=index

トップページ「index.php」にアクセスすると、「data.php?c=index」にリダイレクトし、Web側では「data.php?c=index」の情報が表示されます。

インデックスコンテンツID
「差し替え方式」または「リダイレクト方式」でWebサイトのトップページとして表示したいコンテンツのコンテンツIDを設定します。

【システム設定(ベーシック)】インデックスコンテンツID

求人設定

システム設定の「求人設定」では、求人登録や応募フォームで利用できるフリー項目名称の設定が行えます。

求人設定の詳細

管理者画面:システム設定 > 求人設定

【サーチプラスfor求人】システム設定(ベーシック3.3.0)_求人設定全体
図3-1:求人設定画面

1.フリー項目名の設定

【サーチプラスfor求人】システム設定(ベーシック3.3.0)_求人フリー項目設定

フリー項目名
自由に項目名が設定できるフリー項目を10項目用意しています。求人登録や応募フォームの独自項目を作成したい場合に名称を設定します。

応募設定

管理者画面:システム設定 > 応募設定

システム設定の「応募設定」から、求人応募に関する設定を行うことができます。ここで設定した内容は応募フォームの選択肢項目に使用されます。

【【サーチプラスfor求人】システム設定(ベーシック3.3.0)_応募設定全体
図4-1:応募設定画面

応募設定の詳細

求人検索や応募コンテンツに関わる項目を設定します。

1. 最終学歴(課程)の選択肢

【システム設定(ベーシック)】最終学歴(課題)の選択肢

最終学歴(課程)の選択肢
最終学歴(課程)の選択肢を設定します。 設定した項目は、応募フォームの最終学歴の選択肢に使用します。

【システム設定(ベーシック)】最終学歴(課題)の選択肢(応募フォーム)
図3-1:応募フォームのWeb側「最終学歴」の表示例と【入力画面HTML】

応募フォームの「最終学歴」項目を出力する変数を用意しています。

【入力画面HTML】の「最終学歴」変数例
Web側の表示 変数
最終学歴 [school_type_select]

2. 経験業種の選択肢

【システム設定(ベーシック)】経験業種の選択肢

経験業種の選択肢
経験業種の選択肢を設定します。 設定した項目は応募フォームの経験業種の選択肢に使用します。

【システム設定(ベーシック)】経験業種の選択肢(応募フォーム)
図3-2:応募フォームのWeb側「経験業種」の表示例と【入力画面HTML】

応募フォームの「経験業種」項目を出力する変数を用意しています。

【入力画面HTML】の「経験業種」変数例
Web側の表示 変数
経験業種 [work_industry_select]

3. 就業状態の選択肢

【システム設定(ベーシック)】就業状態の選択肢

就業状態の選択肢
就業状態の選択肢を設定します。 設定した項目は応募フォームの就業状態の選択肢に使用します。

【システム設定(ベーシック)】就業状態の選択肢(応募フォーム)
図3-3:応募フォームのWeb側「就業状態」の表示例と【入力画面HTML】

応募フォームの「就業状態」項目を出力する変数を用意しています。

【入力画面HTML】の「就業状態」変数例
Web側の表示 変数
就業状態 [work_type_select]

4. 経験職種の選択肢

【システム設定(ベーシック)】経験職種の選択肢

経験職種の選択肢
就業状態の選択肢を設定します。 設定した項目は応募フォームの就業状態の選択肢に使用します。

【システム設定(ベーシック)】経験職種の選択肢(応募フォーム)
図3-4:応募フォームのWeb側「経験職種」の表示例と【入力画面HTML】

応募フォームの「経験職種」項目を出力する変数を用意しています。

【入力画面HTML】の「経験職種」変数例
Web側の表示 変数
経験職種 [work_job_select]

5. 希望勤務時期の選択肢

【システム設定(ベーシック)】希望勤務時期の選択肢

希望勤務時期の選択肢
希望勤務時期の選択肢を設定します。 設定した項目は応募フォームの希望勤務時期の選択肢に使用します。

【システム設定(ベーシック)】希望勤務時期の選択肢(応募フォーム)
図3-5:応募フォームのWeb側「希望勤務時期」の表示例と【入力画面HTML】

応募フォームの「希望勤務時期」項目を出力する変数を用意しています。

【入力画面HTML】の「希望勤務時期」変数例
Web側の表示 変数
希望勤務時期 [hope_season_select]

6. フリー項目

【システム設定(ベーシック)】応募設定のフリー項目設定

フリー項目
自由に項目名が設定できるフリー項目を5項目用意しています。 応募フォームコンテンツの変数名、コンタクト管理 > 応募詳細の項目名称が変更されます。

7. 求人応募時のメール送信設定

【サーチプラスfor求人】システム設定(ベーシック3.3.0)_応募項目メール送信設定

求人応募時のメール送信設定
「送信する」と設定した場合、求職者、管理者以外にも個別にメールの配信が指定できるようになります。送信先は求人登録時に「応募通知メールアドレス」の項で指定します。
※デフォルトは「送信しない」になっています。

Attention

求人単位で応募時の個別メール配信の設定をする場合は、応募フォームコンテンツの自動メールテンプレート設定も変更してください。

【サーチプラスfor求人】システム設定(モジュール3.3.0)_求人単位受信設定

応募フォームコンテンツ設定の自動メールテンプレート設定【求人単位受信】は、デフォルトは「応募受信メールを配信しない」に設定されています。

個別にメール配信する場合は、テンプレートを選択してください。

8. 対象リスト出力テンプレート

【システム設定(ベーシック)】対象リスト出力テンプレート

対象リスト出力テンプレート
「自動メールテンプレート設定」の応募用メールテンプレート内で使用する変数:[item_list]の出力内容を指定します。 デフォルトでは[name]のみが設定されています。

【システム設定(ベーシック)】対象リスト出力テンプレート(設定例1)
図3-6:対象リスト出力テンプレート内容の記述と出力例
【システム設定(ベーシック)】対象リスト出力テンプレート(設定例2)
図3-7:対象リスト出力テンプレート内容の記述と出力例

メール設定

システム設定の「メール設定」から、メール機能で使用できるメール署名の設定が行えます。

メール署名設定

管理者画面:システム設定 > メール設定

【サーチプラスfor求人】システム設定(ベーシック3.3.0)_メール設定全体
図5-1:メール設定画面

連携設定

システム設定の「連携設定」は、Googleしごと検索機能を利用する場合に必要な設定になります。

Googleしごと検索設定

管理者画面:システム設定 > 連携設定

初期値は「無効」となっていますが、「有効」にすると各設定項目が表示されます。

Attention

秘密鍵(jsonファイル)を入力しないと設定の保存はできません。
事前準備・Googleしごと検索機能の詳細はこちらのマニュアルをご確認ください。

【サーチプラスfor求人】システム設定(ベーシック3.3.0)_連携設定全体
図6-1:連携設定画面
連携設定の項目
項目 内容
Googleしごと検索設定 有効・無効の選択(デフォルトは無効です)
秘密鍵 取得したjsonファイルを開き、記載されているコードをコピー&ペーストで貼り付けます。
サイトマップ設定 data.php?c=[info] 初期値:info

・サイトマップ生成に使用するURLのコンテンツIDを入力してください。
・初期値は、登録コンテンツの求人詳細ページのコンテンツID「info」が設定されています。
・任意の求人詳細ページを作成する場合は、そのコンテンツIDを設定します。
サイトマップURL [設置先URL]/sitemap_jobs.php
・[設置先URL]は、システム設定 > サイト設定で設定したURLになります。

サイトマップにはURLが50,000 件以下、サイズが50 MB(圧縮しない状態で)以下の制限があります。
▼Googleリファレンス サイトマップの作成と送信

サイトマップURL欄の「サイトマップ送信」押下で、Googleに対してサイトマップの通知(サイトマップクロールの依頼)を行います。

【サーチプラスfor求人】サイトマップURL説明

製品情報

求人サイト構築システム「サーチプラスfor求人」
製品サーチプラスfor求人
概要求人サイトの制作に最適なCMS求人検索システム
自由なデザインで求人検索・応募機能を追加

HTMLが直接記述できる
自由度の高いCMS求人サイト構築システム

レスポンシブデザイン標準装備
選べるモジュールで多彩な求人サイトに対応
URLhttps://job.searchplus.jp/

関連記事