人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

最近見た物件リストコンテンツを作成する方法

目次

  1. 最近見た物件リストとは
    1. コンテンツタイプ:最近見た物件リスト
  2. 最近見た物件リストコンテンツの作成
  3. 最近見た物件リストコンテンツの設定
    1. コンテンツ情報
    2. コンテンツ設定
    3. テンプレートHTML
      1. 最近見た物件リストを出力する変数【基本HTML】
      2. 最近見た物件リストの詳細情報を出力する変数【一覧HTML】

最近見た物件リストとは

コンテンツタイプ:最近見た物件リスト

【最近見た物件リスト】を作成するコンテンツタイプです。

【サーチプラスfor不動産】Web側での最近見た物件リストの表示例
図1-1:Web側での最近見た物件リストの表示例

【最近見た物件リスト】コンテンツを作成すると、最近見た物件リストを作成することができます。
物件詳細の閲覧順に物件が表示されます。

最近見た物件リストコンテンツの作成

管理者画面:コンテンツ管理 > コンテンツを作成する

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストのコンテンツ新規作成
図2-1:コンテンツ新規作成

コンテンツ作成画面のコンテンツタイプから「最近見た物件リスト」を選択すると、最近見た物件リストのコンテンツを作成することができます。

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストの新規作成
図2-2:最近見た物件リストの新規作成

【サンプルデザイン】
サーチプラスfor不動産は、あらかじめサンプルデザイン(コンテンツID:recently_list)を用意しています。

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストコンテンツの検索結果画面
図2-3:最近見た物件リストコンテンツの検索結果画面

サンプルデザインを複製・編集して、コンテンツを作成することも可能です。
コンテンツを新規作成する前にサンプルを一通り確認することで、スムーズにコンテンツの作成が行えます。

最近見た物件リストコンテンツの設定

設定項目はコンテンツのタイプによって内容が異なります。
ここでは、「最近見た物件リスト」を作成する方法について解説します。

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストのコンテンツ設定一覧画面

1.コンテンツ情報

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストのコンテンツ情報設定画面

コンテンツタイプ
最近見た物件リストを作成します。「最近見た物件リスト」と表示していることを確認してください。

コンテンツURL
コンテンツ(最近見た物件リストページ)のURLとなります。

2.コンテンツ設定

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストのコンテンツ設定画面1

コンテンツID
コンテンツURLで使用するIDです。省略した場合は自動入力します。変更するとコンテンツURLも変更されます。
※「HTMLテンプレート」を選択している場合は、変数名として使用されます。

カテゴリ名
コンテンツの管理用にカテゴリ分けが可能です。省略した場合は「未設定」になります。

コンテンツ名
コンテンツを管理する名称です。わかりやすい名称を設定します。

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストのコンテンツ設定画面2

コンテンツパスワード
作成したコンテンツに閲覧権限(パスワード)を設定します。
※未入力の場合、閲覧時のパスワード入力は不要です。

公開範囲
作成したコンテンツの公開範囲を設定します。「会員」にすると、会員登録者のみ物件が公開されます。
※「一般」を設定された場合、下記のHTML作成時に「会員情報」関連の変数は使用できません。

閲覧権限外の転送URL
「公開範囲」に設定していない権限でアクセスした場合の転送先URLです。

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストのコンテンツ設定画面3

対象デバイス
作成したコンテンツの閲覧が可能な端末を設定します。

対象外デバイスの転送URL
「対象デバイス」で設定していない端末からアクセスした場合の転送先URLです。

公開設定
コンテンツ(最近見た物件リスト)の公開状態を設定します。新規作成時の初期値は「非公開」です。

3.テンプレートHTML

「最近見た物件リスト」コンテンツでは、以下の編集エリアを用意しています。
各編集エリアでHTMLの編集や変数を挿入します。

  • 基本HTML
  • 一覧HTML
【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストコンテンツのテンプレートHTMLイメージ

最近見た物件リストを出力する変数【基本HTML】

最近見た物件リストを出力するコンテンツ全体のHTMLを入力します。ここで入力するコードがコンテンツのベースとなります。
【一覧HTML】で設定した内容が繰り返し表示されます。

【Web側】

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストのWeb側の表示例
図3-1:最近見た物件リストのWeb側の表示例

【基本HTML】
最近見た物件した物件情報(図3-1)は、「最近見た物件物件リスト(一覧HTML)」変数: [list] で出力します。

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リストの記述例_基本HTML
図3-2:最近見た物件リストの記述例

最近見た物件リストの詳細情報を出力する変数【一覧HTML】

最近見た物件リストデータを出力するHTMLを入力します。
この編集エリアで入力した内容は、【基本HTML】の「最近見た物件リスト(一覧HTML)」変数([list]タグ)を挿入した箇所に出力されます。
主に物件データに関する変数や、応募リンク等が使用可能です。

【Web側】

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リスト詳細情報のWeb側の表示例
図3-3:最近見た物件リスト詳細情報のWeb側の表示例

【一覧HTML】
表示項目に対応する変数を配置します。

【サーチプラスfor不動産】最近見た物件リスト詳細情報の変数記述例
図3-4:最近見た物件リスト詳細情報の変数記述例

最近見た物件リストの物件名やお問い合わせフォームボタンなどの変数を用意しています。

【一覧HTML】のキープリスト変数例
Web側の表示 変数
追加する [keep_favo_list]
お問い合わせ [form_entry]
4DK [rooms]

製品情報

不動産サイト構築システム「サーチプラスfor不動産」
製品サーチプラスfor不動産
概要不動産サイトの制作に最適なCMS不動産検索システム
自由なデザインで不動産検索・問合せ機能を追加

HTMLが直接記述できる
自由度の高いCMS不動産サイト構築システム

レスポンシブデザイン標準装備
選べるモジュールで多彩な不動産サイトに対応
URLhttps://estate.searchplus.jp/

関連記事